マンションで給湯器から水漏れしたら

マンションの給湯器から水漏れしている場合、戸建てよりもわかりやすい場所にあることが多いため、対応が素早くできます。しかし、気がつかなかった時には、被害が広がりやすいのが集合住宅の問題です。

■賃貸マンションの場合には

賃貸契約をしているマンションの場合、まずは大家や管理会社に連絡します。どこから水漏れしているのかでも違いますが、賃貸物件のため、トラブルを拡大しないためにも連絡が大切です。修理業者を依頼する場合も、自分で依頼するのではなく大家や管理会社から連絡を入れてもらいます。連絡先がわからず困ったときには、契約した不動産会社でも問題はありません。できるだけ早く連絡を取り、対応してもらうのがポイントです。
連絡しても、水は漏れ続けますので、止水栓を閉めてしまいましょう。給湯器の配管に取り付けられていますが、わからない場合には元栓を閉めても問題ありません。これで水漏れの被害を抑えることができるからです。

■保険と各戸の負担範囲は違う

分譲マンションの場合、かけている保険で直せる部分もあれば、各戸が負担しなければいけない場所も出てきます。水漏れした給湯器は自分で直さなければいけませんが、原因がわからず検査した費用はだれがもつのか、照明などが使えなくなった場合にはどうなるのか、事前に調べておく必要があります。かなり細かく設定されているため、検査ひとつにしても費用負担が違うと考えなければいけません。こうした負担を防ぐためにも、普段から気をつけておくとともに、なにか異常を感じたときには素早く業者へ修理を依頼する必要があります。

■まとめ
マンションの給湯器の水漏れは、思っている以上に被害を広げてしまうことが出てきます。金額的にも相当な負担が出てくるため、責任はだれにあるのか、このようなケースではどうなるのかはっきりと認識しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ