給湯器の配管から水漏れを見つけたら専門業者へ修理の依頼

給湯器からの水漏れには、さまざまな原因があります。水道 修理も必要になるのは、それだけ多くの配管がつなげられており、それぞれが原因を抱える可能性があるからです。

■水漏れしやすい場所が多い

給湯器で異常を感じたときに、まず確認しなければいけないのは各配管です。水道もつながっていますし、減圧弁や貯湯タンクなども配管があり、それぞれが水漏れしやすい場所です。修理をしたくても、構造が複雑な給湯器は、素人では対応が難しい設備ですので、専門家に依頼した方が良いでしょう。特にガスや石油を使っている場合には、不完全燃焼の可能性が出てきます。火が消えてしまえば、一酸化炭素中毒も考えられるため、使用をやめて修理の依頼をするのが賢明です。電気も使っているため、漏電の危険性も考えておかなければいけません。素人が修理をするには、あまりにリスクが大きい場所といえます。

■プラスチックも原因になる

水漏れしている原因はなにか、はっきりとさせることが大切です。部品ごとに可能性があるため、個別に点検していかなければいけません。そのための点検も大切で、定期的に依頼して確認しておくことも方法です。
ブラスチックのパーツも多く使っているのが給湯器で、使用している間に自然と劣化していきます。一度割れてしまえば、プラスチックは自然に元に戻ることはありません。熱や力がかかり変形したりする場合もあるため、修理には交換も必要です。問題が発生したら、放置せずに修理しなければ、使えない以上に大きな問題につながる可能性が出てきます。できるだけ早めに見つけるために、目につかない場所に設置している給湯器であっても、問題がないのか気にしておく必要があるでしょう。

■まとめ
水漏れを見つけるだけでも、給湯器に異常があるかどうかを知るきっかけになります。近くにいくだけで水漏れはすぐにわかります。異常を見つけたときには、専門家に点検してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ