給湯器から水漏れしても修理の必要がないケース

水漏れしているから、すべて給湯器が危険な状態にあるとは限りません。そのひとつが安全弁と呼ばれる装置です。ここから水漏れをしていたとしても、正常な状態であり修理の必要はありません。

■圧力を逃がす安全弁

安全弁とは、給湯器内部に取り付けられている装置のひとつで貯湯タンクを守るために存在しています。給湯器はお湯を沸かすための装置ですが、水蒸気が生まれ膨張していき圧力が高まるためどこかで逃がす必要があります。その時に使われるのが安全弁で、必要に応じて圧力を逃がすのが役割です。内部につけられているケースもあれば、外部に露出している場合もあり、機種によって違います。ここから水漏れをしていても、正常な働きとなるため、修理の必要性はありません。給湯器を使っており、内部で燃焼している場合には、しっかりと役割を果たしているといえます。

■止まっているときに漏れるのは故障

安全弁は、圧力を逃がすために必要ですが、いつでも水が流れているわけではありません。タンクの圧力が常にかかっている状態になると、使っていないときでも水漏れが生じます。この場合には、水道 修理ができる会社に依頼して点検してもらう必要があります。安全弁自体が故障しているケースもあり、水漏れしている場合もありますし、減圧弁に問題があり内部に圧力がかかり続けて安全弁が開いているときも水が漏れる状態です。修理できるケースもありますが、安全弁自体を交換しなければいけないことも出てきます。安全弁を手にいれるのも大変ですし、原因を突き止めることは難しく、素人判断は危険なため、水道 評判の良い業者に依頼するのが重要です。

■まとめ
安全弁は大変重要な意味を持っています。安全に使うために必要ですが、知らなければなぜ漏れてきているのかもわかりません。構造に対する知識があれば故障かどうかも判断できるため、取扱説明書などに目を通すことも必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ