交換の必要も出てくる給湯器の水漏れ

交換の必要も出てくる給湯器の水漏れ お湯が出る生活が当たり前となりました。シャワーを使うだけではなく、食器を洗うときでもお湯が出るだけで手にかかる負担はかなり減ります。汚れも落ちやすくなり、洗剤の使用量も少なくなりますが、これも給湯器があるおかげです。一般家庭にも普及し、さまざまな設備に対してお湯が供給できますが、トラブルが起きてしまえば当然使えなくなります。目につきにくい場所に設置されやすいため、故障に気がつきにくいことも出てきますが、いざ使えなくなって困る前に、普段から原因を考えておくことが大切です。水漏れを起こしているかもという可能性がわかれば、それだけ早く対処もできるでしょう。

■異音がしたとき

生活に欠かせない給湯器ですが、水漏れを起こしたりするトラブルが起きる可能性があります。水を供給して温めお湯にして送り出す装置のため、なにか問題を抱えれば、水漏れしてくるからです。さまざまなトラブルが考えられますが、これまで聞いた経験のない音がしているのは、何か問題がある兆候といえます。お湯を送り出すためには、モーターを使っていますが、音の原因の多くが正常に動いていない状況です。唸るような音がしているときには、負担がかかっている状況ですし、わずかでも爆発するような音が聞こえてくれば不完全燃焼の可能性があります。異音がする状況自体が問題であり、どこかでぶつかってしまい異音を発生させている可能性を考えなければいけません。モーターは見た目でもわからない場合が多く、劣化してしまうと音が出てくる可能性も出てきます。

■お湯の温度が上がらない
お湯の温度が上がらないのも給湯器のトラブルのひとつです。お湯はそのまま送るわけではなく、水と混合して供給します。複雑な構造を持ちますが、混ぜる混合栓がうまく機能していないのは、ぬるくなる可能性のひとつです。もっと大きな範囲で本体が故障している可能性も否定できません。途中で水漏れしてしまうケースもありますし、燃焼がうまくいかずに温度が上がらない場合も出てくるからです。ガスを使う給湯器の場合には、ガスの供給がうまくいっていないケースも考えられます。不完全燃焼を起こしているケースもあり、排気口に異常がみられるようであれば、早期に修理の必要が出てくる状態です。給湯器 交換も視野にいれておく必要があります。

■交換の時期も考える

給湯器の水漏れが頻繁に起きるようなら、すでに限界を迎えている可能性が出てきます。いくら修理をしても、細かな部品を持つ給湯器の場合、連鎖的に問題が発生することがあるためです。部品はどうしても劣化していき、逃れられない現象です。特にゴムを使ったパッキンなどはどうしても劣化してしまいますし、修理をしなかった場所も同様に経年劣化が進みます。こうなるといくら修理をしても、次から次へとトラブルが起きる状況です。
給湯器の寿命は設置から7年程度と考えられます。設置してある状況でも違いますし、使用頻度でも差が出てきますが、いくら修理をしたくても部品の供給がなければできません。生産開始から10年をめどに部品の生産も終わるため、設置から7年後あたりの時期が交換のめどです。

■まとめ
給湯器は便利で欠かせない設備です。必要不可欠なものになってきていますが、点検も必要ですし、問題があれば修理もしなければいけません。わずかな変化で異常を見つけられるケースも多いため、定期的にみてまわり水漏れ等が起きていないか確認しておくとトラブルにもすぐに気づけます。本体の耐用限界もありますし、部品の供給も出てくるため、交換の時期も視野に入れておけば急な出費にならずに済みます。他にも故障の問題があるため、どんなことが起きるのか知識を持つといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース